トライリンガル目線での英語!子供の育て方 バイリンガル日記

国際結婚、バイリンガル子育て、海外生活、英語(または多言語)を主なテーマとして、筆者の体験をもとにした役立つ情報を発信していくブログです 

本当に弊害はある?二ヶ国語で子育てするデメリットについて徹底解説!

2ヶ国語での子育ては、実はデメリットと言えることもあります。

今回は二ヶ国語で子育てをすることの弊害とも言える、このデメリット部分にクローズアップしていきます。

 

バイリンガル

 

どちらの言葉にも遅れが出る可能性が

バイリンガルの子育てをしようとする時点で、両方の言葉に多少の習得の遅れが出ることは覚悟しなくてはなりません。

実際子供を見ていると、外国語と日本語、どちらも完全なネイティブ(1言語のみのネイティブ)に比べると若干の違和感があります。

 

我が家の場合ですとたとえば日本語では

●日本語を使っていても表現が外国語の直訳風のことがある

●初めて聞いた日本語を話すとき、発音が若干外国語風になることがある

●(おそらく同じ年齢の日本人に比べて)語彙が少ない

などがあります。

 

外国語についても全く同じことが起こります。

 

父・母それぞれが100%母国語で話しかけることを心がけていても、このようなことが起こります。

その都度使い方の違いを説明したり、文化の違いを説明したりはしています。

 

ただやはり、どちらも完璧ではないのはバイリンガルならではだと思いました。

 

この弊害を減らす為には、片方の言葉をネイティブと同程度、あるいはそれ以上に徹底的に学ぶ必要があります。

年齢が上がるとどの国であっても国語レベルが上がってきますので、片方の言語の水準が上がると、もう一方の言葉のレベルもあがることが多いです。

 

子供

 

アイデンティティについて悩む時期がある

 自分は何人なのか、どうして言葉がひとつではないのかということについて、物心ついてくると、少なからず不思議と感じるようです。

我が家では子供に、「日本人でもあり、○○人でもある」と教えています。

「ハーフ」という言葉が使われることも多いですが、筆者はこの言葉は好きではありません。ハーフよりも「両方」のほうがしっくりきます。

 

今の段階ではどちらかに決める必要もありませんし、人より多くのことができるのはすごいことなんだと、変に悩むことなく、自信を持って生きていってほしいと思っています。

 

筆者は日本人(海外では外国人)であることにも、(日本では)外国人である夫と結婚したことも誇りに思っています。

どちらかが劣っていて、どちらかが優れているということもありません。

親である筆者がそう思っていれば、きっと子供もポジティブにとらえてくれるだろうと思って子育てしています。

 

二ヶ国語で子育てをするのであれば、ただ言葉を教えるというのではなく、精神面のケアも必要になってくると思います。

 

 

国旗

 

いわゆる英語塾であれば「弊害」は気にしないで

日本のメディアでは、「英語塾(英話スクール、または英語教育に力を入れている学校)に通わせるかどうか」という話題において、「バイリンガルの弊害」という言葉が使われることがあります。

 

国際結婚の場合(両親のどちらかが外国人)、海外で生まれ育ったケースでは、記事前半のようなことを考える必要があります。

 

しかし、主として日本語を学ぶ日本の学校で、週に何コマか英語の授業があるケースでは、たとえそれが毎日1コマであってとしても、まったく性質が異なる事柄だと思います。

学校外のスクールであればなおさらです。

 

そのようなケースでは、この記事に書いたような「バイリンガルの弊害」は考えなくても心配ないと言えます。これは完全に情報がどこかでねじ曲がってしまっていると筆者は感じます。

 

英語の教育に熱心なことが悪いことだとも思いませんし、勉強できる科目が増えるのはむしろ素晴らしいことだと思います。

ただ、日本の英語塾や英語に力を入れている学校には限界があります。

日本語と同じ水準で習得できる可能性は低いため、「弊害」を心配するほどではないと言えます。

(まったく無駄という意味ではなく、あくまで日本語と同レベルにするのはかなり難しいということです)

 

もし子供に英語をさせたいと考えている方で、この「弊害」について悩んでいる方がいましたら、あまり気にせずに今できることに何でも挑戦されることをおすすめします。

日本語の勉強を一切せずに、インターナショナルスクールに入れるくらい極端な事でなければ、そこまで心配ないと思います。

英語